English Title

スプロケット・チェーンに関する質問

重量と耐久性、見た目が違います。アルミの比重はスチールの約1/3なので大幅な軽量化が可能です。
高速で回転しているスプロケットが軽くなれば、オートバイの運動性能が向上します。重量が軽くなる事と引き換えに、耐久性はアルミが劣ります。チェーンのメンテナンス状況や乗り方にも大きく左右されますが、おおよそアルミは10000~20000km、スチールは20000~40000km程度です。製品の質感はアルミの質感が高いと言えます。車体に取り付けた時に目を引く外観になります。

エンジンの出力をミッションを通じてダイレクトに受け止めるフロントスプロケットは強度が必要になります。
オートバイの特性上フロントスプロケットをリアスプロケットの様に大きくする事ができないのでそれも一つの要因です。フロントスプロケットに求められる強度などを満たすことが出来る材質がスチールの為、フロントスプロケットの材質にはスチールだけが採用されています。

エンジンの回転(クランクの回転)をタイヤホイールに伝える役割をスプロケットが担っているからです。スプロケットの役割として、エンジンの回転数と同じ回転数だけタイヤホイールが回転するととても乗りにくい為、エンジンの回転数よりも回転数を減らしてタイヤホイールを回転させています。
変速機付きの自転車に乗った時にギアを変えるとペダルが軽くなったり重くなったりします。あの仕組みとほとんど同じです。
この仕組みによって、スプロケットの歯数を変更することで、オートバイの乗り味を変える事ができます。サーキットを走る人たちはコースによって歯数を日常的に変えています。

主な原因として考えられるのはホイールアライメントが狂っている事が挙げられます。
一部のチェーン調整機構以外は、左右でリアアクスルシャフトの位置を前後方向に調整出来る様になっています。左右で均等に調整ができないとホイールアライメントは狂います。リアスプロケットはリアホイールに取付される為、ホイールアライメントの影響を受けやすいのです。またハブダンパーが減っていたりへたっていると、リアスプロケットが固定されるスプロケットキャリアとホイールとの間のガタが発生し、異常摩耗の原因になります。

チェーンメンテナンスをこまめにする事。これに尽きます。具体的にはチェーン掃除、チェーン注油、チェーン調整です。スプロケットはチェーンと共に機能します。
チェーンの状態が良ければ良いほど、スプロケットは長持ちします。特にチェーン注油とチェーン調整が重要です。注油は沢山するのでは無く、必要な量を適度に行う事が重要です。
チェーン調整はQ4にも関係しています。自分で出来ない場合はプロショップにお願いしましょう。チェーン調整は車両固有の調整幅があります。それに従って調整してください。
チェーンは張り過ぎでも弛み過ぎてもダメです。

駆動系においては、チェーンサイズを変更する事を指します。主なサイズ変更はチェーンを細くするコンバートが一般的です。チェーンが細くなるとスプロケットも薄くなり、駆動系全体の軽量化が可能です。引き換えに耐久性が落ちますが、駆動系全体の軽量化によりオートバイの運動性能が向上します。
また、一部の旧車ではノーマルの太くて重いチェーンから、細いチェーンにサイズ変更するコンバートもあります。古いチェーンよりも現代の最新チェーンの方が性能も良い為、コンバートしても耐久性が大きく低下することはありません。いま装着しているチェーンのサイズが「630」や「532」というサイズが装着されていたらコンバートをオススメします。

オートバイのチューニングでリアホイール幅を広げ、ノーマルより太いタイヤを履かせた際にチェーンがタイヤに接触することがあります。
これを防ぐ為に、必要な分だけチェーンラインを外側へずらす為に使用するスプロケットをオフセットスプロケットと言います。
高度なチューニングが施された車両にのみ必要なスプロケットであり、必要なオフセット量などはプロショップに相談しましょう。

必要です。メンテナンスされたチェーンとされて無いチェーンを比べるてみると、チェーンとスプロケットの耐久性が大きく異なります。チェーンのメンテナンスとはQ5でも触れていますが、①清掃②注油③調整です。
清掃はある程度の距離で定期的に行うのは勿論、雨の中走行したり、土の上を走行したりした後に行うと効果的です。チェーン表面に付着した汚れを落とし、シールリングに付着する異物やスプロケットとローラーの間に異物が挟まる事を防ぎます。
注油の主な目的は、シールリングに潤いを与えて、シール性能が持続する為です。もう一つはローラーとスプロケットの歯の間に適切な油膜を与える事。この2つです。
チェーンオイルは多ければ多いと良いと言うものではありません。適度な量にすることで周辺への飛び散りも最小限に防ぐことができます。
調整はチェーンの弛み(遊び)調整です。この調整も極めて重要であり、車両固有の適切な調整が出来ないと、チェーン、スプロケット共に寿命が短くなります。自分自身で出来なければ、プロショップの任せる事をオススメします。

私たちも総称してアルミと呼んでいますが、細かく分類すると同じアルミとジュラルミンは異なります。ジュラルミンとはアルミ合金の一種で、ジュラルミンの中にもジュラルミン、超ジュラルミン、超々ジュラルミンなどがあります。サンスターがリアスプロケットに採用しているアルミは超々ジュラルミン(A7075-T6)になります。
アルミ合金の中でもトップクラスの強度を誇ります。サンスターのスプロケットの耐久性の良さは材質の良さが理由の一つです。

アルミに施す表面処理の一種です。アルミはスチールの様な腐食(サビ)はしませんが、アルミも素地のままでは腐食が発生します。腐食を防ぎ、見た目を良くする為に施す表面処理をアルマイトと言います。
ハードアルマイトはアルマイトの一種で、アルミ表面に色を付けて腐食を防ぐだけでなく表面を固くする効果があります。スプロケットはチェーンのローラーと接触して摩耗します。
一般アルマイトと比べ、耐久性を良くするためにハードアルマイトはスプロケットに適した表面処理と言えます。またハードアルマイトの自然発色による高級感のあるシャンパンゴールドの色合いが、サンスタースプロケットが人気の理由でもあります。